AMELIEMEMO

antiques+couture AMELIEの店主のブログ。アンティークに纏わるストーリー、また異文化の中で思った事や触発された美しいモノ等つぶやいています。

藍ーインディゴーについて #3

f:id:lameliememol:20170804210414j:plain

藍による染色 ー藍液で布を染める行程ー

発酵が進んだ藍の液は黄緑色を帯びた色になり液面に泡を生じています。この時に染液に布を漬けしばらく置いて取り出して水を切ると、黄色から緑色となり、しばらく時間をおいて藍色に変化してゆきます。初めから青ではなく空気に触れて酸化して青になるのです。一瞬の間に色が移ろう自然界での化学反応の神秘は天然藍のイリュージョン。

藍の青い色の濃さは染液に漬け込む回数とどれだけ空気に触れさせるかによって変わり、色の密着度が決まるので染液に着けては出し空気に触れさせるために布を打ち付けたり絞ったりする作業を何度も何度も行います
時間をかけ何度も染色させた布は表面の藍が落ちても、幾重にも続く藍の層がありしっかり浸透しているため青が持続し堅牢です。

アンティークのフランスのインディゴウェアを扱っているのですが、この独特の青色は最低でもこれらの工程が10回以上繰り返されたと聞いています。あの深みのある濃厚な奥行きのある青が100年以上経っても現存しているのはこうした過程からなのです。


さて、染色に使われた染料ですが、一度使った染料はそれほど長くはもちません。というのも藍染めの染料は染色を繰り返すにしたがって、藍分が被染物に付着してとられるので、しだいに薄くなっていくのです。藍は生き物、発酵も不活発になってきます。なのでできるだけ発色をもたせるために液温を調節したり、攪拌したりして毎日ケアが必要でした。次第に染色に不適合になってきたらまた新しく藍建てからして新しいものを作る必要がありました。

 

written by nao AMELIE owner http://amelie.jp/

藍ーインディゴーについて #2

                     f:id:lameliememol:20170728213007j:plain

                                                昔ヨーロッパで栽培されていたウォード(大青

 

太古から世界のあちこちで自然発生的に藍色を含む植物から取り出され、行われてきた藍染ですが、今回はヨーロッパの藍のルーツについて触れていきたいと思います。

イギリス、フランス、ドイツなどでは6世紀頃からウォード(大青)が藍染めの材料として盛んに栽培され、最盛期の16世紀には一大産業となり盛んに貿易が行われていました。ウォードは当時の軍服や制服の染色にも欠かせないものでした。藍の衣を着用する範囲は東ヨーロッパまで広がり当時の民族衣装などからも知ることができます。

しかしインド藍(マメ科の植物)の輸入が16世紀頃から始まると、徐々にウォードの染色での使用は衰え18世紀にはほとんど姿を消してしまいます。それは色素のインディゴ含有量が最も多いとされるインド藍(ウォードの約30倍)のほうがより色鮮やかに染めることができたからです。これが「インディゴ」の語源となります。

時のヨーロッパの国王達はウォードを守るためインド藍の輸入を禁止するなど発令しましたがマメ科の植物から沈殿法で作られたインド藍は、インディゴ(藍色成分)の純度がウォードの30倍ということだけでなく、染料を輸送にも便利なブロック状に成形できたので貿易しやすくその染料は瞬く間にヨーロッパ全体に定着してゆきウォードは衰退し次第に途絶えてゆきました。

           

             f:id:lameliememol:20170728214114j:plain

         当時のインディゴのブロック。英語ではindigo cakesと呼ばれています。

f:id:lameliememol:20170728214204j:plain                                 

当時のインド藍による染料の作り方

まず刈り取ったインド藍草を数日間水槽に入れ、水が青緑に変わり発酵するまで数日間放置します。発酵したら藍草を取り除き、液だけを別の水槽に移します。それに木灰をいれて何人もの人々が大きな木板などを使い攪拌しながら長時間かけて空気をたくさん混ぜ込み酸化させます。するとインディゴが生成され水槽の底へ沈殿していくので、その沈殿されたインディゴだけを取り出し(上澄みは捨てる)その水分をさらに飛ばしてペースト状にまでします。

これを大きな四角い型に流し、上から板でプレスして水分をさらに絞り出し固まるまで置きます。固まったら縦、横にカットしていくつものブロックを作っていました。それを天日干し完全に乾燥させたものが↑のような固形となり産出されていました。

ここまでに大変な手間と日数のかかる作業でした。すべてがハンドワーク、天然自然素材の稀少な染料だったのです。布に染色するときはまず砕いてパウダー状にしてから使われていました。

18世紀のヨーロッパでは軍服に青を用いることが多く、この時代は戦争が多かったので需要も高かったのです。 

                                 f:id:lameliememol:20170728223732j:plain

 

 身分の高い王族、貴族達の衣装やドレスの染色にも使用されました。こうして植民地のインドなど諸国にプランテーションを設立しインド藍を生産していったのです。藍はヨーロッパの文化になくてはならないものとなっていきました。

 

        f:id:lameliememol:20170728224722j:plain

      f:id:lameliememol:20170728224732j:plain

          f:id:lameliememol:20170728224744j:plain

 

to be continue

written by nao (画像は収集した資料本から抜粋しました)

藍ーインディゴーについて #1 

f:id:lameliememol:20170726211331j:plain

インディゴの染料を作っている当時の様子

 

フランスのアンティークインディゴブラウスを扱っているとその100年以上も経過しているにもかかわらず濃く深みのある独特の藍色はどのようにして作り染めたのか知りたくなり、ヨーロッパのこの時代の藍染めがどのようにして行われてこのブラウスが製作されたのかをルーツから調べてみたことをここにまとめます。

..................................................

藍の発祥

布を染める藍染めは昔からそれぞれの気候風土、民族の特性に沿って時に世界の各国で自然発生的に行われていました。紀元前のころのイギリスやフランス、アフリカのある特定の地域の部族では体や顔を藍で青く着色する風習があったそうです。

儀式、祈り、魔よけ 象徴、用途によってさまざまな意味を持っていた身体への着色は文字のない時代にメッセージの役割も担っていました。自然界に存在する青色を出せる染料はとても少なく、特別な色とされていました。

藍の種類

藍には品種があり世界各国に存在しています。代表的なもので

日本     たで藍ータデ科(分布にアジア各国含む)やま藍  琉球藍

インド    インド藍ーマメ科  (分布に東南アジア含む)

ヨーロッパ  ウォードーアブラナ科 

これらの植物が各地において古くから藍染めに用いられてきました。

 

to be continue

written by nao AMELIE owner http://amelie.jp/

 

 

藍ーインディゴー

f:id:lameliememol:20170723235525j:plain

 

藍。私が高校生の頃、母が藍染の絞りの浴衣を作ってくれました。それから藍染に興味がわきました。両親と家族で宮崎までドライブして綾の手紬染織工房で藍の体験染めをしたり。いい思い出です。藍は和ものと思っていたのですがのちに世界にいろんな藍があることを知ったのはそれからずっと後になってからでした。ヨーロッパの藍についていろいろ調べたり手もとにある資料から覚書きとしてここにまとめてみたいと思います。 

to be continue

photo&written by nao AMELIE owner http://amelie.jp/

 

 

 

old school

f:id:lameliememol:20170723222403j:plain

先日 友人の誕生日のお祝いでお泊まりでタンクックアイランドに行ってきました。久しぶりの再会でしたがサンドラとジョー、ご夫婦ともお元気そうでなによりでした。

早速作ってくださった朝食、お二人の優しさが詰まっていて私たちにとって世界一美味しい朝食です。パンやジャムはいつもサンドラのお手製で今回のはオートミールとモラセスとコーヒー入りのパンでした。モラセスの風味が強いのでコーヒーの味はほとんどしないのですがこのさっくりしっとり感はコーヒーを入れるからとか。この島に伝わるレシピでした。

ジャムは漉して作るクリアなストロベリージェリー、そしてルバーブとパインのミックスジャム。うちの旦那はんは これ家でも食べたいと早速レシピを聞いておりました。自分で作ってみるそうです。ルバーブジャムは私も作るのですがもともとアクのある植物なのでどうしても少し渋みが残ってしまうのです。パインを入れると打ち消してくれるんだと一つ勉強になりました。ルバーブはストロベリーとのミックスも美味しいよ、ミックス向きだよって。 

f:id:lameliememol:20170723222611j:plain

f:id:lameliememol:20170723222623j:plain

f:id:lameliememol:20170723225921j:plain

サンドラは一年の半分はアメリカに住んでいるのですがそこでドゥードゥルアートのコースを受講したそうで教えていただきました。ドゥードゥルアートはモザイクのような模様のさまざまなパターンがあってそれをまず練習して手に覚えさせたら好きなモチーフの中にそれで埋めていくのです。こだわってもいいしなーんにも考えなくてただペンを走らせてもいい。崩してもいい。それでもなんだかユニークな絵ができあがるのです。自由で奔放で心を開放するアートだなと思いました。サンドラは美しい絵をたくさんスケッチブックに書いていました。だれでも気軽に楽しめるアートで私も思い切り楽しんでしまいました。カードどかにちょっと絵を添えると素敵なアクセントになるのだそうです。

その後 お隣さんの家にご挨拶に行きました。ちょうど家のリノベーション中でした。典型的なアイランドの家庭のミッドセンチュリーの家をその当時のまま大切に使用されています。海辺のコテージとして使われています。

f:id:lameliememol:20170723231051j:plain

f:id:lameliememol:20170723231126j:plain

f:id:lameliememol:20170723231405j:plain

 

f:id:lameliememol:20170723233459j:plain

f:id:lameliememol:20170723232009j:plain

庭にルバーブがわしゃわしゃ生えています。どれだけジャムが作れるかしら。

f:id:lameliememol:20170723232113j:plain

f:id:lameliememol:20170723232133j:plain

f:id:lameliememol:20170723232145j:plain

f:id:lameliememol:20170723232147j:plain

f:id:lameliememol:20170723232157j:plain

とってもold school(古くて素敵)な時間が流れていました。

夜はパーティーをしてサンドラのお誕生日をお祝いしました。私は彼女の好きなUP side downケーキを焼いて持っていったのですがそれがBDケーキとなりました。この一年も健やかで幸せな年でありますように。

photo&written by nao

 

7月12日(水)PM9:30頃にUPする新着アイテムの内容は

f:id:lameliememol:20170712203213j:plain

f:id:lameliememol:20170712203238j:plain

 

7月12日(水)PM9:30頃にUPする新着アイテムの内容は

カテゴリー antique wear

天然インディゴのアンティークリネンウェア 2点です。

上のはやや薄手のリネン、下は標準的なホームスパンリネンとなります。

どちらも難点のないとても良いコンディションです。

アイテムの詳細は商品ページを御覧くださいね。もしお時間がありましたら御覧いただけると幸いです。<(_ _)>

photo&written by nao

AMELIE antiques + couture owner     http://amelie.jp/

 

 

7月12日(水)PM9:30頃に新着アイテムのUPを予定しています。

              f:id:lameliememol:20161103230557p:plain

お久しぶりです。今日もお読みくださりありがとうございます。先月お知らせしておりましたようにアンティークのフランス製の天然インディゴのウェアが到着いたしました。これからお手入れに入りますので新着アイテムのUPは7月12日(水)PM9:30頃を予定しております。

カテゴリーはantique wearです。色も独特で美しいシルエットです。またUPまでに画像をここに添付いたします。もし関心がありましたら御覧いただけると幸いです。

では失礼いたします。written by nao

AMELIE owner http://amelie.jp/