読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AMELIEMEMO

antiques+couture AMELIEの店主のブログ。アンティークに纏わるストーリー、また異文化の中で思った事や触発された美しいモノ等つぶやいています。

今年は遅め

    f:id:lameliememol:20170519201911j:plain

 

今年は春になってもなかなか温かくなりきれない日々で、木々の目もまだ芽吹きたてという感じです。

でもやっと待ちに待ったこの季節が来たかと思うとそれだけで幸せな気持ちになります。冬眠から目覚めたような、長いトンネルからぬけだしたような。

しゃきっと目覚めなきゃね。

f:id:lameliememol:20170519202057j:plain

陽だまりの場所を移動して回るチョコとスイミーです。

 

photo&written by nao

アンティーク球

f:id:lameliememol:20170428210258j:plain

 

こんにちは。いよいよ日本独自の習慣、ゴールデンウイークが始まろうとしておりますね。カナダはないのでうらやましいです。皆さまどんな計画があられるのでしょうか。4月の疲れを癒す時期、または新しいことにチャレンジするもよし、楽しく過ごしてくださいね。
私はいたって平凡ないつもの日常でアンティーク球の予備がなくなったので物色中です。

アンティークのペンダントライト シェード付きにに多い 型番B22の電球は西欧で主流のピンで留めるタイプなのですが、はめ込む時にちょっとコツがいるのでその時に電球にぐっと力が入ってしまい、電球を指で割ってしまわないかと毎回ヒヤヒヤします。('◇')ゞ
このB22はこのあたりの量販店には売っておらず、ネットで買うしかないのですが最近はこれのLEDがあるのですね(*'▽')まだまだ値段はお高めですがデザイン的にいい感じなら、一度試してみようかなと思っています。

このシェードはフランス製アンティークミルクガラス。温かみのある雰囲気が日本では根強い人気がありますよね。バリエーションも定番の淵だけフリルから、上の根元からのくっきりプリーツ、またパステルカラーのガラスでおおわれているものもありバリエーションが楽しいシェード。

シェードとコードをつなぐギャラリーもアンティークのは個性的なデザインがあってこの小さなギャラリーで雰囲気ががらっとかわるのも楽しいです。

f:id:lameliememol:20170428211702j:plain

この端っこのほんの数センチのクリア部分越しの電球の眩いオレンジ色の輝きがかわいいなと思います。

ヨーロッパのアンティークは貴族由来のものからこういう庶民的なものまで幅広い美しさがあって興味が尽きません。理想はいろんなペンダントライトをいくつもさげてみたい。

f:id:lameliememol:20170428213954j:plain

 レースとも相性よさそうです。

さて仕入れが長引いておりますが5月末までに新着アイテムUPする予定です。また真近になりましたらここやメルマガ等からもお知らせさせていただきますね。

 by nao

AMELIE antiques+ couture  owner    http://amelie.jp/

 

 

 

 

 

 

フルール・ド・リス

 

f:id:lameliememol:20170422035301j:plain

アイリスをみると ベロを出してワンコにみえるのです。それはさておき

フルール・ド・リスの紋章ってこの花を様式化したんですよね。

 

f:id:lameliememol:20170422034825j:plain

 

f:id:lameliememol:20170422034529j:plain

アイリスと紋章。花とレース。 本家と様式化の共演。

こちらは18世紀のボビン&ニードルのミックスレース、ブリュッセル生まれのロザリンレースです。

直径1センチの小さなお花をつなぎ合わせたよう。その花の中央にはパールと呼ばれ直径2ミリの丸が。これだけ針と糸で先にたくさん作って置いて後付けして立体感を表現しているのです。

このオーバルの中に8つのフルール・ド・リスが存在しているという貴族所有だったもの。

f:id:lameliememol:20170422042128j:plain

f:id:lameliememol:20170422035422j:plain

f:id:lameliememol:20170422042052j:plain

f:id:lameliememol:20170422035448j:plain

美しいもの、手がかかっているものが この世の中に存在するということ。

まだまだ知り足りないです。

 photo&written by nao

 

sampler

  

                    f:id:lameliememol:20170331220907j:plain

17世紀のアンティークレースのsampler.その全体の色っぽい佇まいに魅了され、フランスのブルターニュのアンティークショップでずっと昔に購入したものです。

f:id:lameliememol:20170331221416j:plain

f:id:lameliememol:20170331221433j:plain

f:id:lameliememol:20170331221449j:plain

当時のフランスのニードルランレース。けしてまだ洗練はされていないけど独特の伸びやかさや生き生きした表情、グランドもすべてがハンドメイドでぬくもりを感じます。

このサンプルを持って誰と打ちあわせしてたのでしょうか。こんなにびっしりインクペンのメモがあるのですもの。きっと素晴らしいものが出来たことでしょう。

レースも希少ですが現存しているサンプラーも非常に希少。この雑多なメモこそ魅了だなと思います。

f:id:lameliememol:20170331221808j:plain

f:id:lameliememol:20170331222015j:plain

では心穏やかな週末となりますように😊

 

photo&written by nao

AMELIE  owner http://amelie.jp/

 

5年おき

f:id:lameliememol:20170320220654j:plain

この3月でカナダに着てから早8年となりました。移住に関しては事前に何年もかけて準備してきたつもりだったけど、滞在するためのビザも年々厳しくなっていくし途中でそれぞれのビザを切り替えながら、しょっちゅう変わるカナダ政府の移民申請の決まり事に振り回されながらでなんだかいつも綱渡りの気分でした。

順風満帆とはけして言えなかった道のりでしたが、なんとかこうして数年前にPermanent Resident Cardをゲットできたので今となっては懐かしい思い出です。 5年ごとにしなくてはならないPRカードの更新。5年ってあっという間。今後覚えてられるのかも心配なのでいつもカレンダーの12月には更新まであと〇年、と書くようにしています。

PRカードは移住者にとってはパスポートと同じくらい大事な物でカナダで受けられる様々な権利もあるのとないのではがらりと違うのです。それ故にカナダ人との偽装結婚もあとを絶たないそうでカナダ政府も厳しくチェックしています。カナダは申請手続きが厳しいのでも有名です。

このカードは5年に一回の更新なので忘れてしまうと効力がなくなり今までの苦労が水の泡になってしまうので必要な書類を集めて提出しました。二人分となるとどっさり。面倒だけど更新書類は初回の申請に比べればぜんぜん優しい。初回は涙が出そうでしたから大変すぎて。パスポートの中身の全頁をコピーしたり、なんとか更新期限日までに間に合わせました。

毎年カナダにたくさんの人々がぞれぞれの人生をかけてやってきます。私たちの周りも新しく来た人、移住したけど去っていく人様々です。本当に人生いろいろだなと思います。

photo&written by nao

2/24(金)PM9:30頃に新着アイテムをUPしました

f:id:lameliememol:20170224203411j:plain

 

 カテゴリー

antique wear  

インディゴ染のアンティークリネンブラウス

lace&crochet 

手編みのリネン糸のフィレレース 幼子20人と百合の紋章

メッシュ状の透け感がエアリーなクウォーカーレース

silver

マザーオブパールハンドルのデザート用 スプーンとスナイフのセット

 

以上をUPしました。どれも非常に入手しにくい希少なお品となります。お時間がありましたらご覧いただけると幸いです。

photo&written by nao AMELIE owner http://amelie.jp/