読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AMELIEMEMO

オリジナル服の製作とアンティークネットショップAMELIEの店主のブログ。アンティークに纏わるストーリー、また異文化の中で思った事や触発された美しいモノ、お役だち話題等もPick UPしたいと思います。

bol a cafe au lait

f:id:lameliememol:20160127035345j:plain

カフェオレボウル。フランスではbol a cafe au lait”(ボル・ア・キャフェオレ)とかBol、またはPetit dejeuner bolと呼ばれ なくてはならないおわんなのですね。フェオレを飲むための器。 大きさは直径10cmぐらいから18cmぐらいまででデザインも様々でかわいいですよね。産地がそのまま窯元の名前だったりするのも日本と似てて訪れてみたくなります。

ヨーロッパでコーヒーが飲まれだしたのが1800年代だそうですがそれでも特権階級だけだったようで庶民には高嶺の花。一般的になるのは、1920年代ぐらいからなのだそう。

このころからフェオレボウルも盛んに作られるようになりました。どんな家でもBOLはちゃんと一人に一つ、専用のマイボウルをもっていたのだそう。ミルクの入ったコーヒーにパンを浸してスプーンですくって食べるのが大好きだった当時のフランス人、1920から40年代ぐらいのボウルにはやっぱり底にスプーンの後がついているものもあるのだそう。形も可愛いですが絵付けやハンドペイント、または絵柄のはんこやステンシル加工もを手作業でつけていっていたので、一つ一つの模様が微妙に違っているのがアンティーク カフェオレボウルの醍醐味といえるでしょう。

このボウルはDigoin & SarregueminesとGIENのもの。ボウル界では知らない人はいないでしょう。この温かみと当時の息使いやスプーンの音までも聞こえてきそうな佇まいは可愛いだけでは語りつくせない奥深い世界が広がっている気がします。バックスタンプも可愛いですよね。あーまた欲しくなっちゃった。

photo&written by nao:AMELIE antiques + couture  owner