読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AMELIEMEMO

オリジナル服の製作とアンティークネットショップAMELIEの店主のブログ。アンティークに纏わるストーリー、また異文化の中で思った事や触発された美しいモノ、お役だち話題等もPick UPしたいと思います。

CANADA DAY

f:id:lameliememol:20160702135042j:plain

今日はCANADA DAY.149回目の建国日です。一年の中でカナダが一番盛り上がる祝日で赤いメープルの国旗がはためき人々は体のどこかにそれにちなんだ赤い物を付けているのが恒例です。Tシャツだったり体にペイントしたり。

今年は3連休となりいつも以上の熱気で花火大会やパレードはもちろんのこと、ハリファックスでは朝9時からダウンタウンのGrand Paradeで恒例のパンケーキがそれを目当てにくる人々に無料でふるまわれていました。

今年で私にとっては8回目のカナダデー、いつもは特にどこにいくわけでもなく夜は花火を家から眺めるくらいでしたが今日は「TATOO」ハリファックス・インターナショナル・タトゥーを劇場に見に行ってきました。ここでは毎年この時期に一週間だけ開催される有名なイベントインターナショナルフェスティバルです。刺青じゃないですよ(笑)

何度か行っていますが毎年内容が若干違うので何度見ても楽しめます。一言でいうとノバスコシアの文化や音楽、イギリス王室関連、サーカス、演劇、歌に踊りにバレエにアイリッシュダンスにドリフのコントの詰め合わせ、といった感じでしょうか。ドリフは全員集合のあのドリフです。仲本工事かとおもうようなトランポリン技etc....また、ここはイギリス系の移民が多い土地柄、エリザベス女王の事をお慕いしている方がとても多く紙幣にもなり愛されています。

またカナダの軍事拠点という場所柄、それ色の強いパフォーマンスが見られます。その軍隊パフォーマンスはきな臭い感じはなくタータンチェックを着ていたりバグパイプの音楽と共に行進してとても美しくそして迫力がありました。また可憐な妖精のような女性達のダンスは衣装も素敵でPM7時半から10時まで2時間半があっという間でした。

最近イギリスがEU離脱しましたよね。なんでも移民に仕事とられるから仕事がないとかだから移民入れたくないとかの意見もありで。カナダもいろんな問題がありますが、よくまあこの極寒の地にいろんな人種の移民が毎年たくさんやって来て、でもさまざまな人種同士のいさかいもそんなになく共存、言語も共存、多文化を尊重していることが不思議なほどです。先住民族はいるものの途中からやってきた多くの移民により国の経済を支え成り立たせてて149年。来年の150年目もずっとおおらかな環境のまま続いてほしいなと思います。