AMELIEMEMO

antiques+couture AMELIEの店主のブログ。アンティークに纏わるストーリー、また異文化の中で思った事や触発された美しいモノ等つぶやいています。

アンティーク球

f:id:lameliememol:20170428210258j:plain

 

こんにちは。いよいよ日本独自の習慣、ゴールデンウイークが始まろうとしておりますね。カナダはないのでうらやましいです。皆さまどんな計画があられるのでしょうか。4月の疲れを癒す時期、または新しいことにチャレンジするもよし、楽しく過ごしてくださいね。
私はいたって平凡ないつもの日常でアンティーク球の予備がなくなったので物色中です。

アンティークのペンダントライト シェード付きにに多い 型番B22の電球は西欧で主流のピンで留めるタイプなのですが、はめ込む時にちょっとコツがいるのでその時に電球にぐっと力が入ってしまい、電球を指で割ってしまわないかと毎回ヒヤヒヤします。('◇')ゞ
このB22はこのあたりの量販店には売っておらず、ネットで買うしかないのですが最近はこれのLEDがあるのですね(*'▽')まだまだ値段はお高めですがデザイン的にいい感じなら、一度試してみようかなと思っています。

このシェードはフランス製アンティークミルクガラス。温かみのある雰囲気が日本では根強い人気がありますよね。バリエーションも定番の淵だけフリルから、上の根元からのくっきりプリーツ、またパステルカラーのガラスでおおわれているものもありバリエーションが楽しいシェード。

シェードとコードをつなぐギャラリーもアンティークのは個性的なデザインがあってこの小さなギャラリーで雰囲気ががらっとかわるのも楽しいです。

f:id:lameliememol:20170428211702j:plain

この端っこのほんの数センチのクリア部分越しの電球の眩いオレンジ色の輝きがかわいいなと思います。

ヨーロッパのアンティークは貴族由来のものからこういう庶民的なものまで幅広い美しさがあって興味が尽きません。理想はいろんなペンダントライトをいくつもさげてみたい。

f:id:lameliememol:20170428213954j:plain

 レースとも相性よさそうです。

さて仕入れが長引いておりますが5月末までに新着アイテムUPする予定です。また真近になりましたらここやメルマガ等からもお知らせさせていただきますね。

 by nao

AMELIE antiques+ couture  owner    http://amelie.jp/